白髪染めの種類はいろいろあるので用途によって使い分ける

白髪染めのそれぞれの使い道

白髪をなくしたいと思ったときに、最初に浮かぶのは、「白髪染め」でしょう?

 

「さぁ、白髪を染めて若返るぞ!」と意気込んで、ドラッグストアに乗り込んだのに、白髪染めの棚には、さまざまなものが並んでいて、どれを選べばいいかわかりません。

 

実際、白髪染めには、ブランドの違いだけでなく、使い道によって種類があります。ここでは、白髪染めの種類と、どういう場合に、どれを使えばいいかをご説明します。

 

白髪染めには4つの種類がある

「ヘアカラー」「ヘアマニキュア」「カラートリートメント」「一時染め」の4種類です。それぞれの特徴をチェックしましょう。

 

ヘアカラーは、染めが持続する!

ヘアカラーは、髪の芯に色を入れていきます。

 

髪を芯から染めるために色素をしっかり入れます。2~3か月色が持ちます。(もちろん、その間に伸びた分は染まっていません)白髪を染める4種類の中では、一番長持ちします。

 

美容院では、ほぼこのタイプです。(市販品とは質が異なりますからご注意ください)

 

このタイプの長所は、しっかり染まり、長持ちすることとカラーバリエーションが豊富なことです。

 

ただ、カラー剤が髪の毛にダメージを与えるリスクもあります。また、肌に合わない人もいます。自分の髪の毛の様子を見ながら染めるといいでしょう。

 

黒髪用のおしゃれ染も同じと考えがちですが、黒髪用では白髪は染まりません。ご注意ください。

 

ヘアマニキュアは、髪の毛をコーティングする!

髪の毛の芯に色素を入れるヘアカラーに対して、ヘアマニキュアは、髪の毛の外側を色素で覆います。

 

ヘアマニキュアの長所は、髪の毛へのダメージが比較的少ないことと、髪の毛をコーティングするので、髪の毛に艶やサラサラ感を与えます。ヘアカラーに比べると、アレルギーも起こりにくいです。

 

ただし、表面にコーティングしているだけなので、時間とともに色が落ちます。また、服などに汚れがつくこともあるので、要注意です。

 

カラートリートメントは、ヘアケアしながら、少しずつ染めていく

カラートリートメントには、トリートメント効果があります。いわば、トリートメントしながら白髪も染めていくという感じです。

 

ヘアカラーのように、一気に染めることはできません。連続して使うことによって、少しずつ色がついていきます。

 

カラートリートメントの長所は、めんどうな手間がかからず、毎日のシャンプーの時にお風呂で簡単にできることです。手や風呂場も汚れません。

 

ただ、カラーバリエーションが少ないのと、色が長持ちしないという欠点があります。

 

一時染めは、文字通り、一時的に染める!

スプレータイプやマスカラタイプなどがありますが、簡単に使えるのがうれしいですね。急なお出かけにも、慌てません。

 

頭皮や髪の毛へのダメージもほとんどないと考えていいでしょう。また、持ち運べるので、出先でも使えます。

 

ただ、一時染めは、あくまで一時しのぎです。シャンプーすれば落ちます。また、汗をかいても落ちますし、帽子にも色がつきます。

 

それぞれの白髪染めの特徴を知って、用途に合わせて使い分けよう!

 

大きく分けて4種類の白髪染めは、それぞれメリット・デメリットがありました。一概に、どれがベストということはできません。

 

色を持たせたい、カラーバリエーションも楽しみたいならヘアカラー、髪の毛のダメージが心配ならヘアマニキュア、お手軽にトリートメントしながらできるのがいいならカラートリートメント、緊急避難的に使うなら一時染めです。

 

それぞれの特徴をしっかり理解して、あなたの用途に合わせて使い分けるといいでしょう。きっとあなたにぴったりな白髪染めが見つかるはずです。